FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) はてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【板の皆を】世界で最も下品なジョーク【笑わせろ】
2006年11月15日 (水) はてなブックマークに追加

690 :名無しさん@ピンキー:04/11/27 18:23:24
男が温泉街でマッサージを頼んだら、めくらの女按摩が来た。
女と世間話をしていたら、 女が驚くことを言った。自分は目が見えないけれど、
手で文字を読むことができると言うのだ。
男が試しに色々な新聞や本を触らせてみたが、全て読んで見せた。
男は驚いて次に雑誌を触らせた。
「これはプレイボーイ」女は見事当てて見せた。男は違う雑誌を触らせた。
「これは週刊文集」また女は当てて見せた。男は次に、女の手を持って、
女のまんこを触らせてみた。
女は答えた。
「これは女性自身」


696 :名無しさん@ピンキー:04/12/03 01:06:23
>>690に続けてみる。

更に男は、女の手を持って、自分のちんこを触らせてみた。
女は答えた。
「これは主婦の友」

837 :名無しさん@ピンキー:2005/05/18(水) 18:33:26
あるところに3人の娘がいた。
3人とも婚期を逃していたがある時3人とも婚約者ができた。
3組のカップルは同じ日に結婚することになった。
結婚式も無事に終わり、初夜の晩は3人娘の母親の家で過ごすことになった。
そのことが決まってから、母親はこっそりと3組の部屋をまわるのを楽しみにしていた。


838 :名無しさん@ピンキー:2005/05/18(水) 18:34:53
>>837続き
夜11時過ぎ、そろそろだわと思った母親はまず1番上の娘の寝室のドアの前に行き、聞き耳をたてた。
中から、娘の笑い声が聞こえてきた。
「こんな夜中になにを笑っているのでしょう。」と思いながら2番目の娘の寝室のドアの前に来た。
中から、娘の泣き声が聞こえてきた。
「こんな夜中になにを泣いているのでしょう。」と思いながら3番目の娘の寝室のドアの前に来た。
中からは何も聞こえてこなかった。
そのどれもを不思議に思い、次の日の朝食のときに母親は娘たちに聞いた。


839 :名無しさん@ピンキー:2005/05/18(水) 18:35:31
>>838続き
1番上の娘に
「あなたはあんな夜中になにを笑っていたの?」
「ママ、昔からよく言ってたじゃないの、うれしいときとか楽しいときは笑いなさいって。」
「あぁ、あなたは私の言う事をよく聞いていたのね。」
続けて、2番目の娘に聞いた。
「あなたはあんな夜中になにを泣いていたの?」
「ママ、昔からよく言ってたじゃないの、悲しいときとか痛いときは泣きなさいって。
「あぁ、あなたも私の言う事をよく聞いていたのね。」
続けて、3番目の娘に聞いた。
「あなたのところは、なんであんなに静かだったの?」
「ママ、昔からよく言ってたじゃないの、口にものを入れてるときはしゃべっちゃだめって。」




【編集元スレ】【板の皆を】世界で最も下品なジョーク【笑わせろ】



【無料コミュニティサイト】 恋愛・友達作りならノエル  

【ラブコスメティック】のオリジナル・ラブローション

アロエを使い、ナチュラルに仕上げました。
みずみずしくなめらか、安心して使えるラブローションです。
デリケートな部分に使うから、良いものをお選びください。
*全員、女性スタッフだからわかる最高の気配りとこだわり*

 

板ジャンル:お下品掲示板
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。